コラム|福岡県八女市で歯科・歯医者をお探しの方は【ほり歯科医院】まで

  • 電話
  • メニュー

インプラントの寿命を守るメンテナンス

2022年4月1日

皆さんこんにちは。
福岡県八女市のほり歯科医院です。

インプラントは失った歯を補う治療方法の中でも、見た目が自然で、噛みやすくしゃべりやすい仕上がりです。

ただし、このようないい状態でずっと使い続けていくためには、メンテナンスを続けていくことが大切です。

今回は、メンテナンスを怠ると起こることやメンテナンスで行うことについてお伝えします。
 
 


インプラント治療後に起こりやすいトラブル

インプラント治療が終わった後、よく見られるトラブルは次のようなものです。


・人工歯の一部が欠ける
・人工歯が脱落
・人工歯を固定したり人工歯とインプラント体の間の部品を固定するスクリューがゆるむ
・インプラント周囲炎やインプラント周囲粘膜炎が起きる

中でも注意が必要なのがインプラント周囲炎です。
 
 


インプラントが抜けることも! インプラント周囲炎

インプラント周囲粘膜炎は「インプラントのまわりの歯肉に炎症が起こる病気」です。

歯肉炎に似た状態で、歯石を取り除く、適切なブラッシングや歯間掃除を続ける、クリーニングを受けるといったケアで元の健康なお口に戻すことができます。

一方、インプラント周囲炎はインプラント周囲粘膜炎と似ているようでさらに注意が必要な病気です。

インプラント周囲炎になると、インプラントのまわりの歯肉だけでなくインプラントを支える骨にまで炎症が起こり、骨が侵されてインプラントを支えられなくなっていきます。

悪化するとインプラントがグラついたり抜けてしまうこともあるのです。

インプラント周囲炎を防ぐためには、治療後にお口を清潔に保ち続ける必要があります。

ではどんなケアを行うことでお口の清潔は守れるのでしょうか?
 
 


自宅でのケアとメンテナンスでインプラントを守ろう

お口の清潔を守るためには、次の2つが大切です。


・自宅で毎日、歯間ブラシや歯ブラシを使ってお口をきれいにする
・定期的に歯科医院でメンテナンスを受ける

毎日お口を適切に掃除することで、お口の中の細菌を減らすことができます。

また、定期的に歯科医院でメンテナンスを受けることで、磨き残した歯垢や歯石を取り除き、様々なトラブルにも早めに対処することができます。

インプラントを守るために、ぜひ「毎日のお口の掃除」「定期的なメンテナンス」を続けていきましょう。
 
 


メンテナンスで行うこと

メンテナンスのタイミングは患者さまによって異なりますが、一般的には3ヶ月~半年おきとなります。

お口の状態やインプラントにトラブルはないか確認し、問題が見つかれば早めに対処や治療に進みます。

また、歯科衛生士によるクリーニングも行います。磨き残した歯垢や歯石を特別な器具で取り除きます。

ご自宅での歯磨き方法についてもアドバイスいたします。

ほり歯科医院ではインプラント治療はもちろん、治療後のメンテナンスまで丁寧に行います。

インプラント治療はもちろん、治療後のお手入れについてもお任せください。